トップ

ベビーヨガのメリット

助産院などでも取り扱っているところがある、「ベビーヨガ」。これについて今回はお話していきましょう。

<ベビーヨガは赤ちゃんとの親子の絆を深める>

赤ちゃんは毎日驚くようなスピードで成長していきます。その成長速度は、親の立場であっても驚くほどです。
赤ちゃんは自分自身で能動的に動き、さまざまな知識を吸収し、運動能力も発達していきます。もしそこに、「親の手助け」があれば、よりよい発達が期待できるのではないでしょうか。

子どもと密接にかかわるベビーヨガでは、触れ合うことで親子の絆ができ、信頼関係がより深まると言われています。「触れ合うこと」は、多くの場合、相手に対して安らぎをもたらします。それは赤ちゃんであっても、もちろん同じことなのです。

<ベビーヨガによるそれ以外のメリットとは>

「ベビーヨガによって夜泣きが改善される」という人もいます。ベビーヨガは様々なポーズ触れ合いによって赤ちゃんの血行がよくなるため、ぐっすり眠れるようになる効果があるようです。

また、便秘の解消にも役立つという声もあり、その有用性について訴求する専門家は数多く存在します。そもそも「ヨガ」自体に血行改善や便秘解消の効果があることを考えれば、このような意見は、ある程度信憑性があると言えるでしょう。

ヨガをすることで「触れ合う」時間がもて、子どもとの関わりが持てますし。また、便秘解消などにも役立つベビーヨガは、さまざまな施設で行われています。
もちろんベビーヨガを扱うヨガスタジオやジムもあるのですが、助産院でもベビーヨガを扱っているところがあります。どれがいい、とは一概には言えませんが、自分が通っていた助産院でベビーヨガを扱っているようなら、それをチョイスするのがよいでしょう。

© Copyright 赤ちゃんとママにもたらす影響. All rights reserved.